年越しうどんの意味と由来について
So-net無料ブログ作成

年越しうどんの意味と由来について [雑記]

昔か年越しそばというのはよくいわれています

だが最近年越しうどんを食べる人が増えてきているようです。

年越しうどん(そば)大行列風景

 

 

 元来、年越しうどん(そば)は、大晦日に「健康」「家運」「人生そばのように長く生きる」

と言った縁起担ぎのために食べるうどん(そば)のことで

 日本独特の伝統でもあり風習なのです。

 なぜ年越しそばでなくて、年越しうどんになったのか

 さぬきうどん振興協議会が新たなうどん活性化のために

提唱して、2009年の正月から「年明けに縁起を担いで食べるうどん」として

 スタートしたのです。

【年越しうどんの(そば)の由来としては】

●そばが切れやすい性質を持っていることから

「旧年の災厄をすっぱり断ち切る 」「1年中の借金を打ち切る」

●鎌倉時代、博多の寺で年越せない村民に そば餅を振舞ったところ

翌年から、村民の運が上向いた。

●一般によく知られているのが

金箔を延ばしたり飛散した金銀細工の粉を寄せ集めるのはそば粉が使われていたことから

「暮れの金銭の回収」にかけたという

 ●新陳代謝の良いそばを食べて、スッキリして新年を迎える。

一説にはこんな由来も語られていますね

そばは少々の風雨にあたっても、翌日陽がさせばすぐ起き直ります。

それにあやかって来年こそはと捲土重来を期して食べるという。 

 最近、年越しうどんが流行っているという理由は

そばよりも、食べやすい

そばは好きだが、体調によっては気分が悪くなる

体質によっては、そばを食べると気分が悪くなるという人が

うどんに変えたということです。

いずれにしても、年越しうどんにするか、年越しそばにするかは

 個人の好みによって決まるようですね。

でもどちらを食べるにしても

年越しうどん(そば)の風習はこれからも続きそうですね。

 年越しうどん、年明けうどんとして

オススメはこれです↓ 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
元利金自動継続タイプ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。