第2の地球 グリーズ581へ現在の技術で行けるのか?
So-net無料ブログ作成

第2の地球 グリーズ581へ現在の技術で行けるのか? [科学]

第2の地球グリーズ581という恒星の

周りで見つかったようですね。
 
Tamo Newsで、第2の地球発見を伝えています
 
 
 
 
 カリフォルニア大学の天文学者達の

プラネットハンター・チームが

恒星の周囲の「生命居住可能地域」と呼ばれる

位置に系外惑星を発見したことを

発表したのです。

それが第2の地球と言われるグリーズ581gなのです。

地球以外に、生物が住める恒星がやはりあったのですね。


これまで発見された中では最も地球に近い

ということですが

地球と同じような、空気や水や食べ物などのあるのでしょうかね。

 
 グリーズ581gの想像図
 
 第2の地球.jpg

図では地球から近くに見えますが、実際はとてつもなく遠いのです
 
その距離が12光年なのです。

12年光年とは、1光年が、約9兆4600kmですので

12光年は、約113兆5200Kmになります

今の技術で、今までに出た宇宙船の最高速度が252800Km/hです

1日に、606700Km、1年で約221190万Km進むことになりますが

これでも、およそ51年もかかってしまうのです。

さらに、この宇宙船は無人、有人となるとさらに過酷な条件が

加味されることになりますね。

だいいち燃料が持たないでしょうから

今の、技術では無理でしょうね。

でも、技術は日進月歩進歩しています

将来いけるかもしれないと仮定して
(私が生きている間は無理ですが)

第2の地球に上陸したら、ほとんど地球と変わらなかった

食べ物も、水もあり、空気もある

さらに、異星人がいて

ようこそいらして下さいましたと

どうぞお召し上がり下さい

と地球上で見る、果物、飲み物、食べ物などで

歓迎してくらたらと想像するだけでも楽しいですね

まあ、いけたらの話ですがね(・∀・)
 
これからの、技術開発に期待したいものですね。
 
夜空を見るのに
オススメします。
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
元利金自動継続タイプ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。