急性呼吸窮迫症候群 人間ドック
So-net無料ブログ作成

急性呼吸窮迫症候群 人間ドック [医学]

急性呼吸急迫症候群きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん)は、
人間ドッグでは発見できないものなのか?


昨年、特発性両側性感音難聴を患いその年の7月に舞台に復帰した
中村勘三郎さん
今年6月には食道がんであることがわかり再び入院、7月に手術を受け順調に
回復していたかと思われていたが、肺に疾患がわかり、治療も虚しく
急性呼吸急迫症候群でなくなりました。



食道がんが見つかったのは、今年の6月の人間ドックでのことのようです。
ガンは早期のため手術は成功したのですが。
もし、人間ドックで肺の疾患が発見されていればと思うと残念でならないのです。



この急性呼吸急迫症候群は、人間ドックでも発見は困難なものなのでしょうか。

気になるので、調べてみると
急性呼吸急迫症候群は、原因となる障害や病気が起こって、24~48時間以内に発症
するそうです。



今回、勘三郎さんが急性呼吸急迫症候群になったのは、ある医師によると、ガンの
手術が原因ではないかと指摘されています。


ARDS(きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん)は約80%が肺血症によるものとされて
おり、重要臓器の障害同時に起こすため重篤な病態になったのエアはと言っておられたようです。



肺血症とは、
Gooヘルスケアを引用
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10PA4000.html
敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)など生体のある部分で感染症を起こしている 場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。  背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病(こうげんびょう)といった 基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされています。



今の段階では人間ドックでの、発見は困難な用な気がします。
だが医学は、日進月歩でしています。これからの近い将来に
おいて、人間ドックでの早期発見も可能になり、なお今現在
急性呼吸窮迫症候群の特効薬はないそうですが。


山中教授のiPS細胞の発見により、新薬にも新しい道ができました
急性呼吸窮迫症候群の特効薬ができるのも近いのではないではないで
しょうか。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
元利金自動継続タイプ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。