森口尚史 ハーバード
So-net無料ブログ作成

森口尚史 ハーバード [社会]

自称ハーバード大の客員講師・森口尚史が
今年の2月にiPS細胞から作った心臓細胞を
患者の心臓に移植する臨床実験に成功したと
発表、報道されていましたが
森口.jpg

どうやら数々の疑問が出てきて、嘘をつじていると
噂されているようですね



森口尚史氏が所属されるとされるハーバード大と
手術が行われたとされる米マサチューセッツ総合病院j側
双方とも11日に事実を完全にh自邸したのです


ハーバード大は、臨床試験を許可した事実はないと言っていて
マサチューセッツ総合病院側も、森口尚史が1999から2000年まで
病院に客員フェローとして在籍したが、その後は病院にも来ていないし
ハーバード大とも関係がないと表明しています


報道を聞いたとき、iPS細胞から作った細胞で臨床実験が
成功したと聞いて、すごいことだなと思いつつも
ちょっと早すぎるのではないかとも思っていました


なぜなら、日本は臨床実験には慎重で
アメリカなどでは、少し寛容で臨床実験するのも
早いというのが定番でしたが・・・
しかしあまりにも早すぎると思っていました


そのことが悪い方に的中したのか
その後の経過で、嘘の可能性が出てきてしまったのです


疑問視冴える点として、実際iPS細胞には癌を誘発する遺伝子が
注入されているので、癌が起きない事が証明されなければ
人間での実験が許可されるはずがないということです


森口氏は、肝心のことには拒否をしてしまう
例えば、ハーバード大から許可を受けたというなら
許可証は日本に置いてある


それでは、手術の時にアメリカに来ていたというのであれば
パスポートの出入国記録の提示を求めるも、断固拒否する始末である


そして。ニューヨーク幹細胞学会で説明する
会議にも姿を現さなかった
当然、森口氏の説明発表は中止でしたが


もし彼が、このことが事実と言うならば、彼の言うように
患者さんことは、プライバシーでダメでも


執刀したチームのメンバー、執刀医ぐらいは発表できるのではないか


ノーベル賞を受賞された山中伸弥教授は日本人で大変立派な先生で
あるがゆえに受賞されました


あなたも日本人なら、逃げずに真実を述べていただきたい


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
元利金自動継続タイプ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。