医療
So-net無料ブログ作成
検索選択

小児がんは予防できるのか?その治療法は? [医療]

小児がん話題になっていますね。

特に、15歳以下の子供にできるがんを、一般には小児がんと言われていて
お子様を持つ親御さんたちは注目されています。

お母さんは、自分のお腹を痛めて出来た子がもしやと心配されているようなんです。

小児がんの原因は、症状は、治るの、良い薬は、さらには予防できるの、治療
 あるのなどと心配は付きませんね。

でもお母さんにとっては、一番知りたいことといえば子供が小児がんに
ならない為の予防法はあるのか、もしなった場合は治るのか、治療法
あるのかが知りたいことではないでしょうか。

この動画をご覧下さい、もしあなたのお子さんが小児がんと診断されたら
 
 
 
 この少女のようにがんと闘わなければならないのです

お母さんとしては、このようなことは耐えられないことなのです。

そのために、今言われているのが早期発見が大切だという事なのです。


【早期発見・予防】

小児がんは進行が非常に早いという特徴があります
そのために、早期発見・早期治療が最も大切なのです
ですが、現状としては大人のがんのように発症する原因が
はっきりしていないのです。

原因が分かっていない以上、予防することは困難なのです
唯一出来る方法としては、小児がんを早期に発見すること
しかないようなんです。


【小児がんの症状】

小児がんは風邪に近い症状のため、なかなか小児がんと診断しにくい。
風邪に似たような症状が長期的に見られる場合は、小児がんの可能性を
疑ってみることが大切だと言われています。

なんといっても、親御さんお母さんが子供の異変に敏感でなければならない
言われています、日頃からお子さんとのスキンシップをしながら、よくお子さんを
見ていることです。
風邪にかかったがなか治らにのに、普通の風邪だと思い込み市販の薬を
飲み与え飲み続けさせることはしてはならないことです。
なぜなら小児がんを悪化させてしまうこともある危険を孕んでいるのです。
 
いろんな病気を疑い診察を受けることが勧められています

【小児がんの治療】

現在小児がんの治療として次のようなものがあります

☆種類と進行度に応じた治療

がんの進行度に応じて治療法は異なります。

早期のうちは手術だけで治癒するものもある。
悪性度の低い、たちの悪くないものは抗がん剤や放射線治療。
進行が大きくなった場合は、手術、抗がん剤、放射線療法を組み合わせる(集学的治療)


●集学的治療

小児がんは一般的に進行して見つかることが多い、
まず抗がん剤の治療を行う
それで小さくなって、手術や放射線治療を行う

●グループスタディ
近年、より治療効果が高くて副作用の少ないない治療法が発表されていますが
小児がんは症例も少なく、一つの施設では可威圧するのが困難なことから
大規模なグループ研究が行われています。

移植治療

他人の骨髄を移植することにより、以前では治療が不可能とされていた
がんが助かる見込みが出てきました。


このように、小児がんは原因などが分かっていません、もしお子さんが
小児がんと診断された場合、普段は落ち着いて対処しようと思われていても
いざそのようなことになられたときは、そのようにうまくいきません

そのためにも、小児がんとはこのようなものであり、治療法はなどを
事前に知っておくが大切なことなのです
 
もしお子さんが小児がんと診断された時に、お母さんが 
少しでも落ち着いて対処できればと思い参考になればと
紹介させていただきました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

インフルエンザA型症状・潜伏期間・予防法 [医療]

インフルエンザが流行の兆しを見せていますね

インフルエンザ猛威、ただいま警報発令中
 
 
 ある保育園では、乳幼児のクラス25人中11人までが
インフルエンザで休んでいるとか

その上、今年のインフルエンザは今までのインフルエンザではないようで
予防ワクチンを受けていてもあまり効果がないようです

今回のインフルエンザは、インフルエンザA型と言われていますが
インフルエンザには、どのような型がありその違いは何なのか
少し述べてみたいと思います。


【インフルエンザA型・B型・C型】

A型
とても危険性が高い
ウィルスが変化しやすく、世界的に流行することがあるので注意

B型
危険性は高い
症状は重くワクチンに含まれているが、一度かかると、二度目の感染は低い

C型
危険性は低い
症状が軽い、多くの人が免疫を持っているので、ワクチンの対象になていない


今年インフルエンザが流行するのは予想できたようですね

【2012年の冬から2013年のインフルエンザの流行予想】


気温の低下とともに、乾燥してきていよいよインフルエンザの流行が
始まってきました。
インフルエンザウィルスは乾燥に強いため、これから本格的な冬の到来を迎え
インフルエンザの猛威が予想されています。

現在も、インフルエンザの流行は進行しつつあるようです。

まだまだ序盤ようです、手洗い、うがいによる予防対策を今から実践して
感染しないように心がけて行きたいものです。


【インフルエンザA型症状】

  • 38度を超える高熱がある
  • 寒気。震え
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 関節痛・筋肉痛
  • 喉の痛み
  • 鼻水
  • くしゃみ

風邪との違いは、喉の痛み、鼻水、くしゃみ、咳などでインフルエンザと
同様のような症状があるが、風邪の場合は徐々に熱も上がっていくのに対して
インフルエンザの場合は、突然38度以上の高熱が出ます
インフルエンザは、潜伏期間が有り、一般的に1日から2日と言われていて
その後に、症状が現れます。

【インフルエンザの検査】

発熱して、咳や鼻水などの症状がが出て、インフルエンザが疑われる場合は
病院で、迅速キットによる検査が行われる。
検査に必要な時間は、開始して早い人で15分ぐらいのようです。

この検査は、症状が出てから3日目以降にはインフルエンザウィルスが体内で
減り始めますので、発症後48時間までに検査を受けないと確実な診断ができない
ようです。



【インフルエンザの潜伏期間】

インフルエンザの潜伏期間は、極めて短い
感染してから1日~2日後に、体のだるさや、喉の痛みなどの
症状が出てきます。
そして突然38度以上の高熱が出ます。


【インフルエンザの予防】

<エチケットして>

咳やくしゃみを他の人に向けてしないこと
咳が出るときはできるだけマスクをすること
手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときは、すぐに手を洗う

などして飛沫感染を防ぐようにすることです
飛沫感染対策としてマスクをすることは重要です。


<うがい・手洗い>

うがい・手洗い・洗顔はウィルスそのものを落とすので
手洗い・洗顔、そしてうがいの順番でウィルスを出来るだけ落とす。

<その他>

  • 適度な運動をする
  • 入浴(入浴には免疫細胞を全身に行き渡らせる効果がある)
  • 適度な湿度を保ち乾燥しないようにする
  • 人混みや繁華街への外出を控える(インフルエンザが流行してきたら)


<食事でのインフルエンザ予防>

●プロバイオティクス・ビタミンA・C・E、亜鉛、セレン
 プロバイオティクスの最も代表的なものは、乳酸菌やビフィズス菌
  プロバイオティクス・ビタミンA・C・E、亜鉛、セレンなどを日常的に
  手軽に取るため、食事は魚や野菜を中心とした献立にする。
  野菜不足を補うため、野菜ジュースを飲むようにすると良いようです。

●ヨーグルとや、免疫力を高める食材

 今特に注目されているのがR1ヨーグルトがあります。

【インフルエンザにかかったら】

早めに医療機関での受信を受けるようにしてください。
そして安静にして、休養、睡眠を十分にとることが大切です


なお、今流行しているインフルエンザはA型だということですが
新型だという、かかった人の話では今までの予防ワクチンでは
効果がないという人が多くいます。

インフルエンザにかからないように、外から帰ったら手洗い・洗顔・うがい
励行をして、各人が気をつけるこことこそがインフルエンザの流行を防ぐ一番
よい方法かもしれませんね。

まず自分ができることとしてマスクは欠かせませんね
マスクを買うなら立体マスクをオススメします


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

トキソプラズマの症状と予防について! [医療]

トキソプラズマってご存知ですか
話題になっている、トキソプラズマという寄生虫のことなのですが
 
まずはこの動画をご覧下さい
 
 
 
母親が妊娠中に感染したトキソプラズマという寄生虫によって
脳や、目に障害が出た赤ちゃんが3年間に16人もいたということを
話題に取り上げていますね。

このように、害をもたらす寄生虫トキソプラズマ
一体どのようなものなのか紹介したいと思います。


【トキソプラズマとは】


通常は猫に寄生しています
猫から猫へ感染するのにネズミを媒介として
寄生したネズミの行動を変化させて猫に食べられやすくすることで
新たな宿主に乗り移るのです

このことから、トキソプラズマは脳を操る何かがあるのではと思われています

猫に食べられやすくするため、トキソプラズマがネズミに引き起こす
行動の変化として、反応時間が遅くなる。
無気力になる、危険を恐れなくなる。
 (トキソプラズマに感染したネズミは、猫に食べられやすいように、逃げる反応が
 遅くなったり、無気力になったり、危険を感じないため、猫に食べやすくなって
 食べられるのです、そのようにして新たな 宿に住み着くのです)


このようなことが、トキソプラズマに寄生された人間にも現れるということが
近年わかった来たのです。 
 
 
このことは、最近まで殆どわかっていませんでしたが

トキソプラズマというありふれた寄生虫が、人間の脳をコントロールしている
との大胆な発言によって、注目を集めてきました。

トキソプラズマが寄生した体内を移動して、脳に到達するために白血球を
乗っ取るということが発見されました。
白血球はもともと、このような侵入者を攻撃する細胞である、その白血球を利用
して、ネズミや、人間などの恐怖感や不安感を鈍らせる神経伝達を作らせている
ことがわかったのです。

このようにあえてトキソプラズマのことを少し専門用語も交えて
述べてきましたが、通常は心配することのない猫の寄生虫なのですが
人間にも感染して害があり、そのうちでも
 特に、妊娠中の方に気を付いけていただきたいとことなので述べてきました。


トキソプラズマを予防するためには

1・感染源を断つためには、猫の糞に注意をすること
2・食べるものの加熱を十分にするということです
  この2つを注意することが最も大事なのです。 


あまり知られていませんが、妊娠中にレアステーキ生ハムなどの生肉
食べると、胎児の脳などに異常が出ることがあります。

その原因は、生肉内にいるトキソプラズマという寄生虫だというのです。
このことからいかに、食べるものの加熱が大事なのかわかっていただきたい。

トキソプラズマを予防するには

  • 加熱が不十分なものを食べない
  • 猫の糞が混じった土をいじらない

以上のことを、妊娠中の方は注意することで
トキソプラズマの恐怖から逃れることが
できます。

トキソプラズマの検査


●検査期間       妊娠初期(4~12週)
●検査方法       血液検査
●検査結果       陰性
              陽性場合は、妊娠後の初感染かどうか確かめるために、
              詳しい検査を行う

           *陽性でも、妊娠後初めての感染か、それ以前に感染
            しているかを調べ、以前からの感染であれば、大丈夫
            ということです。
 トキソプラズマ抗体検査は妊婦全員が受ける検査でないが、近年検査をすすめる
 病院が増えてきています。
 妊婦が希望すれば、どの病院でも受けることができるので、猫などを飼っておられて
 心配な方は、検査されるられることをお勧めします


トキソプラズマについてより詳しく
知りたい方にオススメします
 


子宮頸がんの現状と、予防について [医療]

子宮頸がんとは、予防できるがんとして、
注目されています。
 
 
子宮.jpg
 
 子宮頚がんの現状は、20代後半から30代にかけて増加しており
間違った認識をもっておられる女性の方が多いように見受けられます。
 
正しい知識を身に付け少しでも子宮頸がんから自身の身を守るために
これだけは知っていただきたい。そして子宮頸がんから自分自身を
守り、仮に子宮頸がんになったとしても慌てないように、しっかりと
身につけていただきたい。
 
【子宮頸がんとは】

子宮とは女性のみにある特別な臓器の一つです。
この子宮の入口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」
できるがん「子を宮頸がん(子宮頸がん)」というのです

不幸にも子宮頸がんになられた場合

  • 子宮や子宮の周りの臓器を摘出しなければならない
  • 後遺症が残り仕事や生活に影響がでる
  • がんが進行した場合は、命に影響を及ぼす

幸いにも
子宮頸がんは、がんのうちでも予防ができるがんなのです

現在子宮頸がんについては、がんになる原因や過程がほぼ解明されています
そのため定期的に検診を受けることで、早期発見やがんになる前に発見できて
子宮を失わずに治療ができるのです。


【どんな人がなりやすいのか?】

子宮頚癌は、遺伝などには関係なく
性交経験がある女性なら誰でもなる可能性があります

近年は20代後半から30代に急増しており、若い女性の
発症率が増えてきています。

子宮頸がんは、女性特有のがんの中で乳がんに次いで第2位となっています。

【子宮頸がんの症状】

初期の段階はほとんど何もない

進行した場合は

  • 性交時出血
  • おりものの異常(茶褐色、黒褐色のおりものが増える)
  • 不正出血(月経時以外の出血)
  • 下腹部や腰の痛みだど

このようなことが自覚された場合、がんが進行していることが多いと言われているので
すぐに診察を受けてください。

【子宮頸がんの治療法】

  • 手術療法
  • 放射線療法
  • 化学療法


進行した子宮頸がんは、周りの臓器にがんが広がっている場合には子宮と一緒に
周囲の靭帯組織や、卵巣、膣の一部、リンパ節などを摘出します。

子宮を摘出しないで済むように、定期検診が必要なのです


【子宮頸がんは予防できる】

☆子宮頸がんの予防ワクチン
 
子宮頸がんはほとんどが、ウィルスによるものであると言われています。 

ワクチンとは、病気の原因となるウィルス細菌などをあらかじめ接種しておき
病気を防ぐ方法です。

予防ワクチンは、日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の
医療機関でも摂取することができるようになりました。

子宮頸がん予防ワクチンは、半年の間に3回の接種をする必要がありますが、
子宮頸がんを完全に予防するためには、接種後も年に1回は子宮頸がん検診
を受診することを勧められています

【接種後に見られることがある症状】

注射した部分が痛むことがあります。
痛みや腫れは体内でウィルス感染に対して防御するしくみが働く
為に起こりますが、通常は数日程度で治ります。

思い副反応として、希にアナフィラキシー症状(血管浮腫・じんましん・呼吸困難など)
アレルギー反応がが現れることもあります
 
【気になる費用はいくらなのか 】
 
保険の対象とならないために
全額自己負担である
1回当たり2万円~3万円
料金は3回注射すると万円~10万円ほどかかるが
子宮頸がんの治療の方がはるかに高いし、未然に
防げるものなら防いでおいたほうが良い。

なおワクチンの補助制度もあります、各都道府県によって違うので
一度市や県の保険所などに一度相談してください。
詳しいことが聞けるようです。
 
それと各都道府県によって違うが、中学1年生から高校2年生の女性
無料でワクチンが接種できる制度があります。
住まいの保険所並びに医療機関でお聞きになってください。


子宮頸がんは、がんの中でも予防もでき、早期発見であれば
子宮を摘出しなくても治療できます。

ワクチン及び、年に1回の検診をすれば今はそれほど恐ろしい
がんでもないということです。

少しでもおかしい、例えば不正出血などがあればすぐに医療機関での
受診をしていただきたい。
 
子宮頸がんのことが詳しく知りたいと
お考えの女性の方にオススします
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ウイルス性胃腸炎 症状・原因・特徴・治療法は [医療]

ウィルス胃腸炎は、ウィルスが原因で吐き気や嘔吐

下痢腹痛などなどの急性の胃腸炎症を引き起こす病気で

本格的な冬を迎えて流行の兆しが見えてきていますね。

まず下の動画をご覧下さい



30秒以降に予防対策のことが出てきますので参考にしてくださいね。

この動画を踏まえてウィルス性胃腸炎について説明していきます。

ウィルス胃腸炎の症状

吐き気や嘔吐、下痢腹痛などの急性胃腸炎症状をあらわします。

下痢は水様便などで時には血便を呈することもあります。

この際特に注意したいのは、脱水症状です。

下痢や嘔吐により、水を飲むことがこんなになり、発熱など

不感蒸泄の増加もあり、脱水には気をつけなければならない。

胃がちぎれるほどの痛みを伴い意識が朦朧とするなどの症状が

出るとも言われています。


ウィルス性胃腸炎の原因は?

ロタウィルス、ノロウィルスアデノウィルスなどで

主に冬場に見られます。

よく言われる「お腹の風邪」と言われるものです。


ウィルス性胃炎の特徴

●ロタウィルス:乳幼児に多く見られ、下痢便が白色になることもあるようです。

●ノロウィルス:乳幼児から成人まで幅広く見られます。

●腸管アデノウィルス:乳幼児に多く、夏場でも見られることもあります。
          症状は、比較的軽症なようです。


感染は?

ロタウィルスは経口感染で、保育園などの集団感染が見られるようです。

ノロウィルスは、食べもの(生牡蠣やホタテ貝などの二枚貝やサラダ汚染された

飲料水など)や調理人などを介して感染、成人でのウィルス性食中毒の大半が

これである。

ノロウィルスは、感染力が強く症状がなくなった後も2週間も糞便中にウィルス

を放出続けるとされており、周囲への感染に要注意である。

このために、手洗いは徹底してください。


検査について

ロタウィルスや腸管アデノウィルスは検出キッドが比較的簡単に検査ができます。

ただ、ノロウィルスについては、迅速検査はできないようです


治療の方法は

ウィルス性胃腸炎はインフルエンザなどと異なり、今現在有効な

抗ウィルス薬や、特効薬がありませんので、脱水に気をつけて

3.4日症状が自然に治るのを待つしかにないのですが。

老人や乳幼児は重篤化することがあるので特に注意が必要です。
(ひどい場合は、病院に行ってください。)


食べものや飲料は


食事は、腹痛のあるうちは絶食

脱水や体内の電解質(塩分やカリウム)のバランスの崩れの予防のため

ミネラルなどが含まれたスポーツドリンク経口補水液などを

飲料することが進められています。


予防は

ウィルス性感染胃腸炎は、ほとんどが患者さんとの接触や汚染された

水や食品を介して経口感染します。

このため日頃からの手洗いや、うがいの励行を心がけること。

手洗いも、水道の蛇口で水を出しっぱなしで約30秒間菌を洗い流す
 
これは大事なことなどでもう一度言います。
 
 手洗いも、水道の蛇口で水を出しっぱなしで約30秒間菌を洗い流す

方法がいいといわれています。


また、吐きものやべの処理には、ビニール手袋を使用すること。

汚染されたものの消毒には、次亜鉛酸ナトリウムを使用してください。

患者さんが糞便をしたあと水を流すときは、菌が飛び散らないように

蓋をすること。


最後に、ここまで読んでくださった読者様に感謝の意を込めまして


経口補水液の簡単な作り方を説明します。


砂糖40g(大さじ4杯半)食塩3g(小さじ半分)とを湯冷まし1リットルを

かき混ぜてよく溶かす、飲みやすいように温度や果汁などを入れると良い

どうです、簡単でしょう

でもこれが、役に立つのですから

ぜひ参考にして作ってくださいね。
 
 
それと、子供の病気のことがよくわかる書籍で
 私が、オススメするのはこれです。↓
 
 
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
 
これからますます寒くなりますので
お体に気をつけてください。
 
ここに書かれていることが、少しでもお役に立てればと思い
かかせていただきました。
有難うございました。
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
元利金自動継続タイプ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。