小児がんは予防できるのか?その治療法は?
So-net無料ブログ作成

小児がんは予防できるのか?その治療法は? [医療]

小児がんが話題になっていますね。

特に、15歳以下の子供にできるがんを、一般には小児がんと言われていて
お子様を持つ親御さんたちは注目されています。

お母さんは、自分のお腹を痛めて出来た子がもしやと心配されているようなんです。

小児がんの原因は、症状は、治るの、良い薬は、さらには予防できるの、治療法
 あるのなどと心配は付きませんね。

でもお母さんにとっては、一番知りたいことといえば子供が小児がんに
ならない為の予防法はあるのか、もしなった場合は治るのか、治療法
あるのかが知りたいことではないでしょうか。

この動画をご覧下さい、もしあなたのお子さんが小児がんと診断されたら
 
 
 
 この少女のようにがんと闘わなければならないのです

お母さんとしては、このようなことは耐えられないことなのです。

そのために、今言われているのが早期発見が大切だという事なのです。


【早期発見・予防】

小児がんは進行が非常に早いという特徴があります
そのために、早期発見・早期治療が最も大切なのです
ですが、現状としては大人のがんのように発症する原因が
はっきりしていないのです。

原因が分かっていない以上、予防することは困難なのです
唯一出来る方法としては、小児がんを早期に発見すること
しかないようなんです。


【小児がんの症状】

小児がんは風邪に近い症状のため、なかなか小児がんと診断しにくい。
風邪に似たような症状が長期的に見られる場合は、小児がんの可能性を
疑ってみることが大切だと言われています。

なんといっても、親御さんお母さんが子供の異変に敏感でなければならない
言われています、日頃からお子さんとのスキンシップをしながら、よくお子さんを
見ていることです。
風邪にかかったがなか治らにのに、普通の風邪だと思い込み市販の薬を
飲み与え飲み続けさせることはしてはならないことです。
なぜなら小児がんを悪化させてしまうこともある危険を孕んでいるのです。
 
いろんな病気を疑い診察を受けることが勧められています

【小児がんの治療】

現在小児がんの治療として次のようなものがあります

☆種類と進行度に応じた治療

がんの進行度に応じて治療法は異なります。

早期のうちは手術だけで治癒するものもある。
悪性度の低い、たちの悪くないものは抗がん剤や放射線治療。
進行が大きくなった場合は、手術、抗がん剤、放射線療法を組み合わせる(集学的治療)


●集学的治療

小児がんは一般的に進行して見つかることが多い、
まず抗がん剤の治療を行う
それで小さくなって、手術や放射線治療を行う

●グループスタディ
近年、より治療効果が高くて副作用の少ないない治療法が発表されていますが
小児がんは症例も少なく、一つの施設では可威圧するのが困難なことから
大規模なグループ研究が行われています。

●移植治療

他人の骨髄を移植することにより、以前では治療が不可能とされていた
がんが助かる見込みが出てきました。


このように、小児がんは原因などが分かっていません、もしお子さんが
小児がんと診断された場合、普段は落ち着いて対処しようと思われていても
いざそのようなことになられたときは、そのようにうまくいきません

そのためにも、小児がんとはこのようなものであり、治療法はなどを
事前に知っておくが大切なことなのです
 
もしお子さんが小児がんと診断された時に、お母さんが 
少しでも落ち着いて対処できればと思い参考になればと
紹介させていただきました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
元利金自動継続タイプ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。